【京の花見】法金剛院



JUGEMテーマ:京都
 
まさしく、三寒四温で目まぐるしく天気の変わった3月も終わりに近づき、京都でも桜の便りが届き始めた。

そんな中、もう満開の見ごろを迎えているところがある。

京都市西部の法金剛院である。ここは蓮の名所としても名高い名刹で、桜の種類はシダレザクラ、ソメイヨシノ、待賢門院桜となっている。『待賢門院桜』とは平安時代の鳥羽天皇の中宮で、美貌の待賢門院が愛したしだれ桜のことだそうだ。

私は蓮の時期に、一度見に行ったが、一応駐車場はあるが、10台ちょっとのキャパしかないので、公共交通機関をお勧めする。

鉄道なら、JR嵯峨野線(山陰本線)花園駅から、目の前の丸太町通りを西へ歩く。5分もあれば十分だろう。

バスなら『花園扇野町』というバス停がすぐそこにあり、市バスなら91系統で地下鉄四条・阪急烏丸駅へ、93系統で地下鉄丸太町駅、京阪神宮丸太町駅にアクセスできる。

また、京都バスの『花園黒橋』バス停もほぼ同位置にある。そこからなら京都駅行き、四条河原町・三条京阪行きのバスがあり、特に四条河原町・三条京阪方面は大体15分毎にバスはあるので、市バスよりこちらの方がアクセスしやすいだろう。このバスは烏丸御池を通るので地下鉄にも乗り換え可能である。

大きな地図で見る
            

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック