【注目】豚骨ならぬ、伏見のあっさり系ラーメン



JUGEMテーマ:京都
 
京都は伏見稲荷大社の程近くに店を構える『翔龍』は、ラーメン激戦地京都でも、ちょっとユニークなラーメンを出している。

京都のラーメンといえば、天下一品の濃厚鶏がらスープや、豚骨+鶏がらのWスープなど、結構店によってバリエーション豊かではあるが、背脂が入っていたり、どちらかと言えばコッテリ系が多いかもしれない。

そんな中、この『翔龍』は豚ガラではなく、『豚肉』を煮込んで基本のスープを作る。豚骨で取るのと、豚肉で取るのとでは大違いで、澄んだあっさりとしたスープが取れる。

それをベースに、味噌・醤油・塩というバリエーションが加わったラーメンがいただける。

また、サイドにも『細切れ丼』と呼ばれるご飯ものがあり、チャーシューの細切れを使った丼に、ラーメンのスープを加えていただくのだという。あっさりスープだから、出汁茶漬けの雰囲気か。


大きな地図で見る
            

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック