【注目】バリエーション豊かなタンシチュー



JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
底冷えのする京都、鍋もいいですが、洋食派の方はじっくり煮込んだタンシチューはいかがでしょうか?

「ぐりる・ど・れぶん」では、陶器のシチュー皿に、どっしり大きな牛タンがグツグツ煮立った状態で運ばれてくるため、アツアツの出来立てが味わえます。

8時間かけて煮込まれた牛タンは口の中で崩れる柔らかさ。

それでいて、基本のデミグラス仕立てだけではなく、和風・ミソ仕立て・韓国風とバリエーション豊か。

アクセスは三条京阪から三条大橋を西に渡ってすぐ。



大きな地図で見る
            

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック