【隠れ花見スポット】枚方カントリークラブ



JUGEMテーマ:大阪
 
実は、京都と大阪の府境にある、名門・枚方カントリークラブは、ジモティーには知られた、桜の名所。クラブ入り口からクラブハウスまでが、まさしく桜のトンネル状態で、ちょうど先週末はまさしく見ごろを迎えて、ゴルフ場、練習場利用客のみならず、花見客で大変な人出でした。

私は、練習ついでに花を堪能してきましたので、いくつか取ってきた写真を紹介します。






            

【京の花見】法金剛院



JUGEMテーマ:京都
 
まさしく、三寒四温で目まぐるしく天気の変わった3月も終わりに近づき、京都でも桜の便りが届き始めた。

そんな中、もう満開の見ごろを迎えているところがある。

京都市西部の法金剛院である。ここは蓮の名所としても名高い名刹で、桜の種類はシダレザクラ、ソメイヨシノ、待賢門院桜となっている。『待賢門院桜』とは平安時代の鳥羽天皇の中宮で、美貌の待賢門院が愛したしだれ桜のことだそうだ。

私は蓮の時期に、一度見に行ったが、一応駐車場はあるが、10台ちょっとのキャパしかないので、公共交通機関をお勧めする。

鉄道なら、JR嵯峨野線(山陰本線)花園駅から、目の前の丸太町通りを西へ歩く。5分もあれば十分だろう。

バスなら『花園扇野町』というバス停がすぐそこにあり、市バスなら91系統で地下鉄四条・阪急烏丸駅へ、93系統で地下鉄丸太町駅、京阪神宮丸太町駅にアクセスできる。

また、京都バスの『花園黒橋』バス停もほぼ同位置にある。そこからなら京都駅行き、四条河原町・三条京阪行きのバスがあり、特に四条河原町・三条京阪方面は大体15分毎にバスはあるので、市バスよりこちらの方がアクセスしやすいだろう。このバスは烏丸御池を通るので地下鉄にも乗り換え可能である。

大きな地図で見る
            

京都市市民防災センター



JUGEMテーマ:京都
 
京都の観光というと寺社仏閣が中心で、この防災センターも、観光という意味合いからは、ちと外れるのだが、なかなか外せないスポットである。

『遊びながら防災のイロハが学べる』のが売りらしく、リアルな災害体験が出来るアトラクションが用意されている。

  • レスキューヘリでの救助活動シミュレーション
  • 風速32mの強風体験
  • 消火訓練体験
  • ホテル火災をリアルに再現した、避難体験
  • 3D映像による、京都大地震体験
  • 老人体験
  • 震度7の地震体験
といったメニューが用意されている。

遊園地的な楽しみがあるかといわれれば?だが、勉強になることはウケアイである。



大きな地図で見る
            

西にあるのに、なぜ東寺?



JUGEMテーマ:京都
 
東寺といえば、いわずと知れた京都の一大観光スポット。JRや近鉄の車窓から、五重塔が見えると、「ああ、京都に来たんだな(帰ってきたんだな)・・・」という思いをもつ方も多いだろう。

さて、「東寺」という名前からして、何かの東にあるから東寺な訳である。この点、今の京都しか知らない人間からすると、不思議極まりないことだろう。
今の京都の中心といえば、京都駅界隈でありそれを縦断する烏丸通、あるいは一番の大通りである堀川通りが京都市街の中心という感じがする。京都御苑だって、烏丸通沿いだ。

そこから見ると、東寺は西に位置する。・・・なぜ?

こたえは、なんてことはない。当時が建立された東寺と今では、都のメインストリートがずれているから。
日本史の教科書を、ちゃんと読んだ人ならご存知だろうが、平安京は南の入り口、羅城門から北に伸びる朱雀大路を中心にして、市街地が形成されていた。

その朱雀大路は現在の千本通りに当たるのだが、そこから見て東にあるから『東寺』というわけである。

なお、『東寺』があるくらいだから、『西寺』もあるのだが、そちらは現在敷地の一部が公園として残るのみ。


ちなみに、現在、東寺では特別拝観を行っており、五重塔内部を参詣できる。期間は3/22まで。大日如来に見立てた心柱を、守るように配置されるように配置された仏像は圧巻である。
            

『京の花小路』へおこしやす



JUGEMテーマ:京都
 
京都には花の名所も数多いが、お手軽でかついろいろな種類を同時に楽しめるといったらここ。

京都府立植物園

ここは結構オススメなんです。

特に今の時期は、『花の回廊〜早春の草花展〜』という催しが行われていて、全長100mの回廊に、早春の花々が満ち溢れた一角が用意されています。



大きな地図で見る


さて、そんな京都府立植物園へのアクセスですが、京都市営地下鉄が便利です。
北山駅下車、3番出口すぐ。または北大路駅下車、2番出口から東へ徒歩10分。

その他交通機関だと、京阪の主要ターミナルから市バス1号系統、または京都バスの静原・市原行きに乗車し、「植物園前」バス停から徒歩5分です。

なお、弁当を持っていって、園内にブルーシートを広げてランチもいいですが、北大路駅からの道中に、以前紹介した【はせがわ】もありますので、そちらでいただくか、テイクアウトして園内で、というのもアリでしょう。
            

| 1/1PAGES |