そじ坊の季節メニュー



この日は烏丸界隈で打ち合わせがあるため、ランチもその界隈で。
そじ坊は何度も来ているが、季節メニューが有ったので、そちらを頼む。

舞茸天の湯葉つけ汁せいろそば定食
¥980-、780kcal 也

入る前は、鴨せいろもいいなと思っていたので、こちらの季節限定のせいろにする。



舞茸天はサクサクでまずまず。ダイエット中なので、もう少し衣薄くてもよいかと思うが、薄いとサクサク感が出ないか?

そばの方は、安定感がある。

つけ汁はトロみがついているのと、つくねの食べごたえがグッド。
ただ、湯葉はもう少し欲しかった。

全体的にはまずまずでしょうか。
            

毎月1日は・・・



 毎月1日は・・・

ダイエー一の市。ではなく(一応正解だが)丸亀製麺の日らしい。
毎月1日は釜あげうどんが半額ときた。

で、ランチタイムに足を運ぶと、店の外まで行列が・・・

回転早いから、さして待つことはなかったが、待ってる間も、中から『釜揚げ!』『釜大!いっちょ!』の掛け声が飛ぶわ飛ぶわ。
一時期、ざるうどん問題で物議をかもしたが、どこ吹く風の盛況ぶりです。

で、摂取カロリー制限中の身ではあるが、釜揚げうどんなら、大でも450kcal程度。
おかずが天ぷら系のみなのが苦しいところだが、かき揚げ以外は大体100kcal〜160kcalなので、レンコンとイカをチョイス。レンコン天の正確なカロリーは分からないが、カボチャ天でも101kcal、さつまいもで179kcalだし、150kcalオーバーってことはないだろう。
(ホントはおひたしでもあれば、助かるが、それなら定食屋行けってことで)
これで、700kcal弱におさまってるはず。

お味の方は、相変わらずの安定感。水で締める冷やし系とはまた違った、釜あげならではのもちもちとした食感が良い。

これで、天ぷら2品をあわせても、500円でお釣りが来るってんだから、コスパの高さハンパない。釜あげ半額の日じゃなくても、500円台だし・・・

そら、流行るわ。
            

あべちか そば冨士家



JUGEMテーマ:大阪
 
今日のランチは阿倍野でとった。そば『冨士家』
『あべちか』というJR天王寺・近鉄阿部野橋の地下街の中にある店でランチタイムでかなり混んでいる。

親子丼とそばのセットを頼む。800円。大体、そばの旨い店は丼も旨いのが相場であるが、お手並みやいかに。

料理がなかなか来ないし、後から来た客のほうが先に料理が出される。
こういう手際の悪さは、マイナスの印象をどうしても受ける。



味・量の方は、いたって普通。ってか、丼の器のサイズの割に量が少なく見える。実際食べた分には、別に少なくはなかったが・・・

こういっちゃなんだが、立地のよさで繁盛しているだけだろう。
他に選択肢がなければ、多分リピートはしないと思う。
            

【オススメ】京風なべ焼きうどん



JUGEMテーマ:京都
 
【冨美家】の鍋焼きうどんといえば、京都人なら一度はお世話になったであろう、『お持ち帰りパック』が有名だが、錦市場に構える総本店では、店内でその味を食することが出来る。

鍋焼きうどんのトッピングは餅に海老天、花麩にしいたけ、生卵。お値段は600円とリーズナブルで、1日200食は出るという。



大きな地図で見る
            

【オススメ】丸亀製麺 宇治店



JUGEMテーマ:京都
 
今日のランチは時間があまり無かったこともあって、丸亀製麺の宇治店に駆け込んだ。

以前に吉祥院店のほうを紹介したことがあるが、セルフ式で全国チェーン展開している讃岐饂飩の店だが、宇治店のほうでも、クオリティーは変わらず。
・ぶっかけうどん(大)+野菜かき揚+かしわ天で〆て610円なり。

特に、この野菜かき揚が、玉ねぎの甘みの出方といい、ボリューム感といい、非常にお気に入りなのである。

あと、セルフなんで薬味も自分でトッピングするんだが、九条ネギ(のはず)をこれでもかと言う位に盛るのが管理人流。
*ホンマに九条ネギかどうかは確かめたこと無いですが、全国的に打っている青ネギより明らかに太いし、味からしても九条ネギのはず。
というか、京都府南部であれば、大概のスーパーでも九条ネギは流通してるので、他地域は分かりませんが、京都府下は九条ネギ使ってると思われる・・・



大きな地図で見る
            

【注目】五条大橋の袂でカレーうどん



JUGEMテーマ:京都
 
底冷えのする、京都盆地。こんな時期にいただきたいのが、カレーうどん。

それが、牛若丸と弁慶の決闘で有名な五条大橋の近くで頂ける。

京阪の清水五条を降り立ち、五条通の北側を東に行くと、その名も「弁慶」東山店がある。

人気メニューは、『すじカレーうどん』735円なり。

関西では珍しく、シッカリ目にとった出汁とカレーをあわせ、細めのうどんとあわせて頂ける。



大きな地図で見る
            

信州そば処 そじ坊




今日のランチはこれ。

ネギみぞれそば。



関西風のあっさりダシにネギと大根下ろしがあいまって、さらにあっさり頂きました。

麺大盛りで750円。お得です。
            

【注目】171沿いの麺屋



JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
京都から国道171号線を下っていき、大山崎ICを過ぎたあたりに、目立つ看板を掲げていたので、気にはなっていたのだが・・・

その店の名は『重信うどん』

けど、店の名前はうどんですが、看板メニューは『カレーラーメン』だったりするという、ちょっと変り種。なのに、ノーマルの中華そばは、ど直球の昔ながらの中華そば。

きっと、うどん屋を名乗る店の出すラーメンなので、魚介系のダシの利いたスープになってるんじゃなかろうか。




大きな地図で見る
            

暑気払いのカレーうどん



昨日のランチは、こちら。
梅田の地下街にある、カレーうどんの有名店「得正」

海老天入りの上カレーうどんと、卵かけご飯がセットになった定食で880円。味とボリュームを考えると結構リーズナブルです。

ここのカレーの特徴は、一口目にフルーティーな甘みがガツンとくること。そして後からじわじわとスパイスが効いてくる。また、汁気は少なめで、しこしこの太目のうどんとも非常によく絡むカレー出汁となっている。

また、このカレー出汁を卵かけご飯に投入して頂くのが、非常においしいのです。かなりハマります。


大きな地図で見る
            

踊るうどん 梅田店



ずいぶん前に雑誌でチェックしていたお店だが、以前通りがかったときはあまりの行列で見送っていたのだが・・・

今日はランチの時間が遅かったこともあって、行列ができるほどではなかったので、ここに入ることにしてみた。

何でも、トッピングのまいたけ天が人気らしい。

ってことで、一番人気メニューの「肉まいたけ天温玉生醤油うどん 930円」をいただくことに。
うどんにしては結構なお値段だが、コシもすごいし、甘く煮たお肉も絶妙に合うし、まいたけ天もさくさくの揚げ具合で3つものって
いてボリューム満点。930円払った甲斐があったってもんです。

大阪市北区梅田1−1−3 駅前第三ビルB2

大きな地図で見る
            

| 1/2PAGES | >>